坪単価ってなんだろう?福山で家購入を

坪単価ってなんだろう?

家を建てることを考えると出てくる、ワードです。

少し調べてみました。

「坪単価」とは1坪当たりの建築費

坪単価基本

坪単価は建物の床面積1坪(約3.3m2)当たりに建築費用。

計算方法

家の本体価格 ÷ 延床面積(建物の床面積の合計)= 坪単価

例えば、本体価格2000万円で延床面積が40坪の家なら、
2000万円 ÷ 40坪 =50万円
という計算式になり、坪単価は50万円。

ハウスメーカーによって坪単価の出し方が違う

がガーン。実はハウスメーカーによって、坪単価の出し方が違うらしい。

坪単価を出すための家の本体価格に照明器具やエアコン、電気やガスの屋外配管の費用を含めているハウスメーカーもあれば、含めていないハウスメーカーもある。

まれに外構費用が含まれていることもあるなど、本体価格に含まれる範囲が違うため、同じ仕様、同じ規模、同じ間取りの家だとしても、ハウスメーカーによって坪単価は違ってくるようです。

そのほか、ハウスメーカーによっては「家の本体価格」を「延床面積(建物の床面積の合計)」ではなく「施工面積」で割るケースもある。

各階の床面積を合計した面積が延床面積なのに対し、施工面積は玄関ポーチや吹抜け部分など延床面積に含まれない部分も加算されたもの。玄関ポーチなどの分、延床面積よりも大きな数字で割ることになるため、同じプランでも坪単価は安くなる。

このように坪単価の出し方には共通のルールがないようだから、しっかりとその辺の見極めは大切ですね。

家の本体価格かコミコミ価格か?

よく、私たち素人を惑わせる料金表記で、「本体価格」というのがある。

これは、家具や照明器具がつかず、立てた本体だけの料金を表記し、とても安いように見せかける手法で、そこにはもちろん、土地の値段もついていないし、外構工事もついていないわけだから、合計で見ると、そこまで安くなかったりします。

一生ものの家だから、建てるときは、あんまり安すぎないほうが良いでしょうね。

それよりも、安心して購入したりできたり、金額調整してもらって、納得して買ったほうが良いのではないでしょうか?

ローンはこちらで一括審査!
住宅ローン(借換)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA