建売住宅購入と同時にリフォームがお得!建売住宅は追加工事で

建売住宅リフォーム

3月に建売住宅を購入しました。

家を購入する目的としては、立地、敷地の広さ、コスパをとったので、間取や部屋はとことん妥協したました。

でも、毎日使う、リビングダイニングだけはどうしても許せない箇所があって、変更してもらうことにしました。

 

私が調べたところによると、建売購入後のリフォーム(追加工事)はよくあることみたいです。

例えば、壁紙。

うちは、リビング、ダイニング、トイレ、階段フロアの壁紙を変えてもらいました。

こういうことを住宅購入と一緒にしてもらうことで、その代金をローンに含めてもらうことができるのです。

 

だから、建売住宅で気に入らないところがあっても、立地やコスパが良いなら、リフォームでなんとかすることができます。

うちは、その他、電気の配線工事とカウンターの削除をしてもらっています。

 

ビフォーアフターがこちら

↑これは、隣で販売している物件写真をお借りしました。建具や間取りが違うのですが、こんな感じでした。

特に照明が浮いていて、無意味な場所を照らしているのが気になりました(大汗)

 

キッチンカウンター撤去。照明の工事。壁紙全面変更してもらいました。

↑アフターです。

灰色と白の壁紙にしてもらったので、部屋が落ち着いたと思います。

 

ローンにリフォーム費用を含んでもらう

建売住宅で、内装が気に入らなくても、建てるよりリフォーム(追加工事)してもらったほうが安く住むことがあります。

大規模な変更なら、建てた方が良いとは思いますが、私たちのように小規模なリフォームなら、相談してみてはいかがでしょうか?

私たち家族は、リフォームのおかげで、かなり快適に暮らすことができています!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA